ホーム>授業案内>小学生の方へ

小学生の方へ

小学生指導内容

お子さまの将来の受験において必要な
国語力・計算力・読解力、英語力、そのポテンシャルを最大限に
引き出すための学習をし、『伸びる子』へと成長させます。
小学生のときに大切な事は、『あとで伸びる子』への基盤づくりなのです。

【 深速の国語 】(小1~小6)

小学生01

嚶鳴進学塾では、『速読』を取り入れた『速解力』強化と、文章問題における深い思考力を身につける学習を、バランスよく取り入れ国語力を鍛えます。
速読は、処理能力を高めると同時に集中力をアップさせる効果があり、
深く読むことに時間が使えます。それにより、書く力・読む力・考える力をつけ、伸びる子への基盤を形成させていきます。
学校の教科書内容の把握に加え、教科書以外のテキストも使用し、
しっかりとした国語力を身につけるための指導を行います。
毎回、漢字テストを行います。
*小学生の国語は、速読も含まれます。
*速読のみの指導も可能です。

このようなお子さまにはお勧めです。【 深速の国語 】

【 センスアップ算数 】(小1~小3)

小学生02

小学校の低学年向けの算数コースです。しかし、学校の補習ではなく
『算数のセンスをアップ』させる講座となります。
具体的には、進級式の計算問題のみに取り組ませるのではなく、
数の概念を習得して頂きます。
数の概念とは『5+7=12』というような数字ばかりの問題ではなく、
『みかんが5個と、リンゴが7個あります。果物は全部で何個ですか』というような文章問題や複雑な文章問題においても、どれとどれを足したり、引いたり、
掛けたり、割ったりすれば良いのかの完成を磨き、
小学校の高学年に向けた算数の基礎を作ります。
テキストは、嚶鳴進学塾オリジナルのテキストと、学校準拠ワークを使用します。
毎回、計算テストを行います。

このようなお子さまにはお勧めです。【 センスアップ算数 】

【 深算の算数 】(小4~小6)

小学生03

嚶鳴進学塾では、計算力(スピード・正確性)はもちろんのこと、
文章問題を解くにおいての論理的思考性をきちんと指導します。
小4~小6にかけての算数が、中学生になってからの基盤となりますので、
文章問題における応用力を重視し、その解法においての推理・着眼・粘り強さを
強化し、自分の力で解くことの楽しさを経験して頂きます。
テキストは教科書準拠と、教科書以外の問題集を使用します。
毎回、計算テストを行います。

このようなお子さまにはお勧めです。【 深算の算数 】

【 ジュニア イングリッシュ プログレス 】(小4~小6)

小学生04

1コマ50分の授業となり、タッチペンを使用しながら、正確な発音と文法をマスターする講座です。
また、テキストはスモールステップ式になっておりますので、無理せずレベルに合わせて学習ができ、『読む』『聞く』『書く』『話す』の4技能をバランス良く取り入れております。
更に、一斉指導とは異なりますので、いつでも始められるので安心です。
進級具合により、アルファベットから長文まで学習が可能です。
中学1年生2学期までの学習内容が学べます。

このようなお子さまにはお勧めです。【 ジュニア イングリッシュ プログレス 】

 

各種メディアで紹介されました!
小学生~高校生みんなの速読

【嚶鳴進学塾で、速読を受講し私立中学校に合格した生徒の感想】

嚶鳴進学塾で、速読を受講し私立中学校に合格した生徒の感想

速読について

みんなの速読 嚶鳴進学塾

あなたの(お子様に)当てはまることはありませんか?

もし1つでもあなたに当てはまるものがあれば、当協会の速読教室がオススメです!

速読とは

速読は「斜め読み」や「飛ばし読み」ではない

速読とは、『斜め読み』や『飛ばし読み』といった概略把握的な読み方とは違います。
内容の理解度や記憶力はこれまで通りで、読書速度だけを引き上げます。
もし、速読を身につければ、同じ時間でこれまでの数倍の量の読書や学習ができるようになります。

偏差値と読書速度は比例する!

偏差値と読書速度は比例する!

データから分かる通り、読書速度の速い生徒の方が偏差値も高く、難関中学・高校に進学している事が分かります。
実際に東大や京大などの難関大学合格者の読書速度を調べてみると1200文字/分~1500文字/分(通常の2~3倍)という数値が出ました。
「難関大合格者の全員が速読講座を受講している」というわけではありませんが、読書速度が記憶や試験の解答などに大きく影響しているという事を表しています。

速読の効果とは? 速読を通じて、読書量・学習能力・合格力UP!

速読がもたらす3つの効果

受験でライバルに差をつける!

受験対策は万全ですか?
受験で勝者になるためには、「事前にどれだけの知識量を蓄積できるか」
「当日にどれだけ実力を発揮できるのか」が重要です。
1点の差が合否を分ける受験では、いくら知識量があっても試験時間内に問題を解き終えなければ、元も子もありません。読書速度が速い人ほど処理能力が高く、時間に「余裕」をもつことができます。
実力を本番で発揮するには、精神的な余裕を持つことも大切です。
その余裕によって落ち着いて解くことができ、さらにはケアレスミスの見直しをすることもできます。
合否を左右する1点を、速読トレーニングで勝ち取ってください。
受験対策として、中学受験で頻出する作家作品や、大学受験で実際に出題された文章を使っての、速読トレーニングが可能になりました!速読でトレーニングしながら、受験レベルの文章に慣れ親しみながら、処理能力の向上が期待できます。

平成25年 栃木県立高校入試 国語

右の表は、栃木県の県立高校入試における国語の試験時間です。
国語には作文があり、20点という大きな得点源となります。
時間が足りなくて、作文が書けないという方や、時間が足りなくて全ての問題が解けないという方に、速読は絶大な効果を発揮します。

速読トレーニング内容をご紹介!

トップ画面

オートトレーニング

解くトレーニング

能力トレーニング

速読力検定 あなたの読書速度・読解速度を測定!

速解力検定は、各個人の読書速度・読解速度を数値化することによって、より明確な自分の基礎能力を確認することができます。

認定読解速度からレベルに応じて認定段・級を差し上げます。
受験後に「段・級認定証書」と「個人成績表」を発送。
ご自身の能力の証拠として、今後の進学や就職にも大いに活用していただけます。

認定証書

受験後にお送りする個人成績表には、「現在の読み方」と今後の「目標とする読み方」を提案。
今後のトレーニングアドバイスもご提案し、能力向上の目安としていただけます。

学年別に受験レベルを分け、読解基礎力を総合的に判定します。

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ