ホーム>授業案内>冬期講習2018年12月24日(月)スタート
授業案内

冬期講習2018年12月24日(月)スタート

201812210551.png

「定期テストで良い点数を取れなかった…」「実力テストの結果が悪かった…」
そんなお悩みをお持ちの小4~6、中1・中2・中3生のお母様・お父様へ

学校成績向上、下野新聞模擬テスト偏差値アップ、公立高校受験指導は嚶鳴進学塾にお任せください。

栃木県公立高校入試指導・下野模試指導に特化した少数精鋭・個人指導の嚶鳴進学塾は、1人1人に合わせた学習方法で、この冬あなたのお子さまの成績をアップさせます!

冬期講習を乗り越えて夢を叶えた先輩たちです!

公立高校合格率 雀宮校94.5% 鹿沼東校100%

2017121014230.JPG

2017121015018.jpg

実は、塾などで授業を受けても成績は伸びません!

成績を伸ばそうと思って、塾の一斉授業を受けないほうがいいです。
その理由は皆さんが一番よく分かっているはずです。

皆さんは学校で毎日約6時間、週5日間で合計30時間は授業を受けていると思います。
英語も数学も週4~5時間習っています。
その結果、皆さんは成績が良くないのですよね。

  • 学校で英文法を習って、できるようにならない!
  • 学校で二次関数を習って、できるようにならない!
  • 毎月100時間も授業をならっているのに!
  • 1年間で約1000時間も授業を習っているのに!

こんなに授業を受けているのに偏差値が低い原因は何か?

それは、授業を習いっぱなしにしているからです。
もし、学校の授業をしっかり完璧に復習していれば、そこまで偏差値が低くないはずです。ちょっと考えてみてください。
学校で配られた英文法のテキスト、数学の問題集、今、解き直したらどのくらい正解できますか?
たぶん、全然正解できないと思います。

そんな状態で、また塾や予備校に行って英文法の授業を受け、新しいテキストを配られたとしましょう。
しっかり復習できますか?
学校の教材を完璧にしなかったのに。
テキストも完璧にならず、また英文法の参考書を買い、また完璧にしない…。
そんなことになるのではないでしょうか?

こんな状況の生徒さんがたくさんいます!
皆さんは違いますか?
(何を隠そう、私の受験生時代がそうでした!)

ものすごい時間を授業に費やしているのに偏差値が伸びない…。
当たり前です!

授業を受けただけで偏差値が上がるなら、苦労はしません!
もしそうなら、みんな同じ授業を受け、同じテキストで勉強しているのだから、みんな同じ偏差値になるはずです。

よーく考えてみて下さい。

学校でも塾でも、同じクラスの中では同じ先生が同じテキストを用いて同じように、授業が行われているにも関わらず、その同じクラスの生徒の成績は1位から最下位まではっきりと分かれます。

もし、授業内容や質で成績が決まるのであれば、同じクラスの中では差は生まれないはずです。
しかし、実際その差ははっきりと生まれています。

その原因は授業にあるのか?
いいえ、違います!

その原因は、「成績は授業時間以外の一人の時の勉強法で決まる」からです。
「自学自習」が勉強において最も重要なのです。

成績を伸ばしている生徒は自学自習の方法は合っています。
身につけ方が分かっている生徒なのです。

しっかりと身につける方法が確立している生徒が、勉強すれば偏差値は上がります。
しかし、身につける方法が確立していない生徒さんが、また新しい授業を受けたり、新しいテキストを配られても…。
また同じことを繰り返すだけです。

どんなに有名な先生の授業を受けても、どんなにたくさんの授業を受けても、授業時間以外の勉強法が間違っていれば成績は伸びません。
だから嚶鳴進学塾は授業をしないのです!
授業よりも大切なことがあります。

冬期講習では、身につけ方、成績を伸ばす方法など、「勉強方法」から教えます。
(具体的な内容は別紙でお渡し致します。)

成績を伸ばしている生徒はみんな「自学自習」のほうが速いのを知っています。
授業なんて遅いのが分かっているのです。
成績を伸ばしていない生徒に授業しても意味がないのです。
たくさん授業を受けてきた結果、できないのだから。
身につけ方を分からない生徒に、どうしてまた新しい、もしくは学校と同じ内容の授業を受けさせるのか?
超当たり前の話しですが、ここに気づいていない生徒さんが多いのです。
授業を聞いて「分かったつもり」「できたつもり」の『つもり学習』です。

2018年度冬期講習では…

「わかる」(解説)→「やってみる」(演習)→「できる」(ここが大切)の三段階の一番上(できる)までにいくようにし、
成績UP・志望校合格を目指します!

そのために、レベルにあったテキストを用意し、成績UP・志望校合格のレベルまで、一冊ずつ完璧にします。

超手厚い“子”別指導による自学カリキュラムの徹底管理を行います。
(1対2のような甘えを助長する指導形態ではありません。)

20171210152636.jpg

これが無駄な授業を撤廃した嚶鳴進学塾の“子”別指導による成績向上実績です

  • 学校実力テスト    1年間で108点UP(宇都宮地区)
  • 下野模試    10月号から1月号 101点UP(宇都宮地区)
  • 学校実力テスト    第4回から第5回で66点UP(宇都宮地)
  • 学校実力テスト    第3回から第5回で74点UP(鹿沼地区)
  • 下野模試    8月号から1月号 96点UP(鹿沼地区)
  • 学校実力テスト    1年間で84点UP(鹿沼地区)
  • 下野模試    社会 6月号から8月号で偏差値21UP(宇都宮地区)
  • 下野模試    数学 8月号から10月号で偏差値26UP(鹿沼地区)
  • 下野模試    国語 8月号から10月号で偏差値23UP(鹿沼地区)

・・・その他多数 *実力テスト・下野模試を中心に掲載させて頂きました。

中学1年生・2年生の部活に学業に生徒さんたちも大活躍です!

20181129183027.JPG

2018年 公立高校合格高校名(掲載高校以外も多数合格:合格者は全校舎の合計です。)

2018112918127.png

2017121016556.jpg

それでは具体的な「結果を出している“子”別指導の特訓メニュー」を紹介します

義務自習

絶対サボらない!「個人指導」「確認テスト」「宿題ペース管理」を徹底して「完璧」にする!

嚶鳴進学塾では、一人ひとりに対して日々のカリキュラムを作成し、毎日、何をいつまでに、どのようなにやるかを決めさせて頂きます。
義務自習制度では、講習中に嚶鳴進学塾へ通い、カリキュラムに沿って全ての課題をこなし、やり方が本当に合っているかを確認したうえで完璧にしていきます。
ただ塾に来て、勉強時間さえ机に向かっていればいいというものではなく、その日の学習で何が終わったのか、それは本当にできるようになったのかを意識しながら学習をしていくことになります。
そのため自分の学習の成果が実感しやすく、勉強とはこうすればできるようになるんだ!
と言うことが分かります。

個人指導

わかりやすいテキストをさらに解説!記述解答の添削指導まで

冬期講習の嚶鳴進学塾ではわかりやすいテキストをレベルにあった問題から使用するため、
テキストは無理なく理解できると思います。しかし、その中で「先生に聞いてどうしても確認したい」
という問題があると思います。「理解はできるけど時間がかかるから先に解説してほしい」という
タイプの生徒もいます。入試までの限られた時間をより効率よく過ごすためにも、理解を助け、
生徒だけでは判断が難しい記述解答添削は個別指導で行います。
*ただし英単語等のスペルが分からない等の質問は、受け付けません。調べて頂きます。

確認テスト

確認テストで自学自習を頑張れる!

毎日の課題が明確に示されていても、覚え方を間違ってしまったり、さぼってしまうと成績は上がりません。
「本当にできるようになっているのか?」をテストすることによって、自学自習(家庭学習)を正しくできているかチェックします。

さらに、「テスト」があることによって、生徒は「しっかりやっていないとバレる」という気持ちになり、集中力が増します。
普段さぼりがちな生徒でも定期テスト前は勉強するように、確認テストがあると生徒は言わば、「毎週(毎日)定期テスト前」の状態になるのです。
テストがあるから頑張れるという生徒は多いです。
*しかし、嚶鳴進学塾の最終目標はテストや高校入試でなく、利他の精神を持ってどのような職業に就きたいかです。

宿題ペース管理

毎日なにをいつまでにどのようにやるかを全て明確に示す「嚶鳴進学塾の宿題」

学校や塾は勉強を教えてはくれますが、家に帰ってから何を勉強したらいいかまでは上手く教えてくれません。
「今日はどの範囲を勉強したらいいんだろう」と迷った経験は誰しもあるはず。
嚶鳴進学塾は毎日の勉強内容をどのように勉強すべきか、全て明確に指定します。
だから毎日、何をどうやって勉強するかに迷いません。ここまでします!
なぜそこまで細かくするのかというと、入試や定期テストまでの日割りを逆算し、確実に成績向上を目指すためです。
しかし、宿題内容をしっかりと身についているかは各自に任されます。
その点が不安なため『確認テスト』がついているのです。

20171210153213.jpg

冬期講習コース概要です

冬期講習の期間:2017年12月24日(月)~1月6日(日)

中3 Ⅰ 10日間で偏差値50レベルの問題を、その後の継続学習で偏差値60レベルの問題が解けるようにする!

入試問題を解いているお子様の手が止まっていませんか?

ミドルクラス(偏差値40~60)の学力の生徒の場合、今までの入試問題集ですと過去問の羅列が多く、生徒が自分で解くことが難しいものばかりでした。

冬期講習より使用する『フォレスタゴール』は、スモールステップ方式を採用し、全国の入試問題を徹底的に分析し、『単元別ファイナル』→『入試ファイナル』→『ハイレベル問題』の3段階に分けて構成してあり、志望校別指導を可能した講習内容となります。

もちろん、生徒さん一人ひとりのカリキュラムを組み指導をさせて頂きます。

*県立高校志望の方は5科目。私立高校志望の方は3科目(英・数・国)の指導となります。

≪授業の流れ≫

『単元別ファイナル』⇒「レベルチェックテスト』でお子様の苦手分野を把握し、類題で演習。

『入試ファイナル』⇒数学で偏差値60を取るには、一次関数と関数y=ax2を組み合わせたような融合問題が解ける必要があります。

融合問題をパターン毎にインプットしたと、お子様に類題を解かせます。

『ハイレベル問題』⇒偏差値61以上のレベルの問題を演習します(志望校による)。

中3 Ⅱ 県立上位校及び完全合格を目指す!年末特訓!数学の大問5・6番徹底攻略!

数学の大問5・6番は解けますか?

県立高校上位校合格を目指すには、確実に点数を取りたいのが大問5・6番であり、その他の県立高校に合格するためにも、底上げが必要になるのが大問5・6番です。

この問題に絞り2018年の年末に徹底的に特訓を行います。

中3受験生 冬期講習コース案内・料金表

必修講座 時間 特長・特典 講習費用(税込)
公立入試スタンダード講座 13:00~18:50
1日6コマ×10日間
通常の講習内容に加え、応用問題でしっかりとカバーする上位校目標の講座です。 69,120円
特別料金1コマ=864円
教材費1,080円
公立入試トップグレード講座 10:40~18:50
1日8コマ×10日間
5科目をしっかりと復習し、最後の1コマで当日の未定着部分を補うスタンダード講座です。 64,800円
特別料金1コマ=1,080円
教材費2,160円

さあ、中学3年生諸君。いよいよ天王山がやってきました!

まずは、ここで、肝を据えてしっかりと腹をくくって下さい。「何も考えずに死に物狂いで頑張る!」という覚悟を決めて欲しいのです。
そして、優先順位の1位はとにかく「勉強すること」において下さい。

それぐらいの覚悟を決めておかないと、3月の公立入試で結果を出せないからです。
この冬は、あなた以外の人もみんな必死でやります。
と言うことは中3受験生全体の平均レベルは、この時期にかなり上がっていくわけです。

ん?どういうことかって?

偏差値は「平均から、どれくらい隔たっているか」で割り出されます。つまり、もしあなたがそこそこの頑張りでちょっと力をつけたとしても、平均レベルに及んでいなかった場合、…あなたの成績は「ダウン!」です。

要は、この冬は『全体の平均実力向上レベル以上に、あなたが実力をつけないと成績は上がらない!』と言うことなのです。

では、これからあなたに志望校絶対合格!のためのパレートの法則に則した「3つの極意」を教えましょう。

この冬の時間を最大限に有効かつ効果的に行うために、3つのステージを用意しました。
そのステージごとに、一番重要な肝である極意があります。これまで劇的に合格を勝ち取ってきた先輩たちも、この「極意」に従って冬を乗り越えてきました。

パレートの法則とはニッパチの法則(2:8の法則)と言われる、法則というか経験則の事。元々は、イタリアの経済・社会学者であるヴィルフレド・パレート氏が唱えた法則で、経済において、全体の数値の大部分(80%)は、全体を構成するうちの一部(20%)の要素が生み出しているという説です。

★極意★その壱

受験とは一発勝負であることを肝に銘じるべし。そのために過去問題演習で実践力・総合力を磨き上げるべし。

★実力テスト・試験本番で実力を出し切る★
★秘伝の過去問実戦演習★

分かっていたつもりでも、いざテストになるとあまり出来なかったという経験はあなたにもあると思います。それを解決する、とっておきの方法は、事前のテストをいくつか経験しておくと言うことです。つまり、自分で気づかない曖昧な所は、実戦テストを通して先に痛い目にあっておき、あなたの深いレベルで定着させることが必要なのです。問題を解くだけでは得られない効果が、実戦テスト(過去問演習)を通して身につきます。そうです。これが「実力(実りのある力)」をつけるということなのです。

★極意★その弐

自信を持てる単元をつくるべし。そのためにターゲットを絞り込み、自分の得意単元をできるように集中を持って取り組むべし。

★コレで得点力120%アップ!★
★得意単元創出重要演習★

過去問を解いていくと、公立・私立受験で若干の差はあっても、入試でよく狙われるところは大体決まっていることに気づくと思います。1つの単元、たとえば英語の不定詞であれば、どの学校で出ても不思議はないと言える出題の形式やポイントが必ずあるのです。第2ステップでは、そのような、入試の「常識」的な部分をクローズアップして、徹底的に集中して自分のものにしましょう。これこそが得点アップに繋がるのです。市販の問題集を買ってきて初めから最後までダラダラ解いただけでは決して合格力は身につきません。同じ努力をするなら、合格に一歩でも二歩でも近づける方法を得意単元の創出の仕方をあなたに伝授します!

★極意★その参

最後に己の弱点と強みを知り、足元をしっかりと固めるべし。

★忘れかけていたところを、一気に再確認!★
★1~2年の範囲 入試頻出単元徹底チェック★

過去問演習の結果や、今までの模擬テストの結果から、苦手単元を抽出し、単元プリントで対策を行います。栃木県入試によく出る単元を解くために必要な単元を、先生の指示に従って、基本事項の確認を中心に、進めていきます。単元によっては、大体できる部分や、またはあながた全く忘れてしまっているようなところも出てくるでしょう。必要な所は、先生が説明を加えていきます。あなたはまとめ用の守破離を必ず作ります。基本的には1コマに1単元は終了できるようにしていけば、今まで疎かにしていた復習も、短い時間で効率的に復習できます。自分の弱点を知り、そこを固めていくことが肝心です。

中2・中1 “子”別指導の本質は生徒の分からない所まで戻って教えてあげること。

生徒の苦手分野を把握し、指導させて頂きます。
冬期講習では、自分の伸ばしたい教科は何なのか。そのために何を重点的にやるか。
自分の目的に合ったオリジナル時間割を作って学習できる講習です。この冬、3つのコースをご用意しました!

Ⅰ 上位校合格コース【24コマ】定員各校舎5名

■  教科:5科目(中3で使用する特許教材『ミラクルロード』を先取りして進めます。)
 *宇高・宇女、鹿高、石橋高校などの進学校を目指す人にお勧めです。
 *中2生は受験生としての復習を3ヶ月前倒しで進められます!
■ 料金:20,736円
■ 日程:12月24日~1月6日の13:00~22:00の間で24コマ

Ⅱトップグレードコース【18コマ】

■ 教科:5科目8日間
 *学年末テストに向けて、学力を上げたい人にお勧めです。
 *5科目をバランスよく復習し、2学期内容をマスターします!
■ 料金:17,496円
■ 日程:12月24日~1月6日の13:00~22:00の間で18コマ

Ⅱ スタンダードコース 【12コマ】(英数復習)

■ 教科:英語・数学2科目
 *英語と数学の苦手分野を徹底的いマスター。
 *2科目に絞り苦手単元を克服します!
■ 料金:12,960円
■ 日程:12月24日~1月6日の13:00~22:00の間で12コマ

中学2年生・1年生諸君とお父様・お母様へ

部活に全力で燃えている中1、2生にとって、冬休みはハードな基礎トレーニングによって、実力を一気に飛躍的に伸ばすための大切な時期です。けれども、やはり勉強も決しておろそかにせず、学力もしっかり伸ばしたい…、と考える生徒のためのプランを作りました。

2年生は、各講習を受けることにより、英数が入試必須となる2学期範囲の総復習を重点的に行います。理社国については2年範囲全ての復習を行います。

そろそろ本格的に入試に必要な基礎学力を作りたいという方は、5科目の受講できるコースのハイグレードコースをお勧めします。

1年生は、この講習で英数は2学期の復習をメインに行い中学校の学習に必要なコアを育成します。
2学期になってからも順調な生徒は、その調子を持続するために、ハイグレードコースがお勧めです。

学年末テストでは、「自己最高点」を書き換えるを目指します。
他の生徒から一歩抜きん出ることで自分自身の心に余裕を持つ。
短い冬休みでも、プランを持てば可能です。

小学生 家庭学習の確保、前学年の復習も効率良く行えます。

高学年でも小数・分数の計算が苦手な生徒がおります。

計算単元・特に小数や分数の計算が苦手なために、なかなか先に進めないお子様は意外と多いかもしれません。フォレスタは4学年分(小3~小6)の内容を1冊にまとめた画期的な復習用教材(予習も可能)ですので算数が苦手な小学生を効率よく指導いたします。

小学6年生は、『中学準備コース』となります。小1~小3までは、『論理国語』又は『算数』となります。

最後に当塾の「冬期講習」をご検討している方へ

「定期テストで良い点数を取れなかった…」「実力テストの結果が悪かった…」
そんなお悩みをお持ちの小4・小5・小6、中1・中2・中3生のお母様・お父様へ

栃木県公立高校入試指導・下野模試指導に特化した少数精鋭・個人指導の嚶鳴進学塾は、1人1人に合わせた学習方法で、この冬あなたのお子さまの成績をアップさせます!

学校成績向上、下野新聞模擬テスト偏差値アップ、公立高校受験指導なら嚶鳴進学塾にお任せください。

当塾の冬期講習は毎年お席が早く埋まります。お早めにご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ