ホーム>新着情報>塾長ブログ>計算ミスと集中力の関係
塾長ブログ

計算ミスと集中力の関係

宇都宮市・鹿沼市・下野市・壬生町・上三川町で、
小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ


他の塾で成績が伸びなかったお子様に大評判!


「勉強しなさい!」と言わない塾

子どもが自然と勉強する子に育つ

『嚶鳴式”子”別指導』

こんにちは。
いつもブログをお読み頂き、
真に有難うございます。

塾長の柴田です。

「他の塾で成績が伸びなかった。」
「どこにいっても成績があがらない。」
「勉強しなさい」と言い続けることに
子どもと自分も疲れてきた。

お子さんの成績があがらないのは、
勉強の”仕方”を知らないから。
勉強の”楽しさ”を知らないから。
勉強の”方法”があっていなかったから。
だけかもしれません。

「嚶鳴式“子”別指導」では、

1人1人の性格・考え方・趣味等にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=======================

 

嚶鳴進学塾の10月の日曜日以外の

休校日は以下の通りです。

10月22日(木)

10月23日(金)

10月24日(土)

いずれも5週目扱いですので、

振替はございません。

お間違えのないようお願い申し上げます。

 

今日から3連休を頂きます。

電話は不通となります。

また、メールへのお返事は、

10月26日(月)からとなりあす。

予めご了承ください。

 

まず、下野模試の仮採点で、

点数が下がったしまった原因は、

採点方法にあります。

 

下野模試は、デジタル採点ですので、

○が×しかありません。

 

よく栃木県の塾の先生方と下野模試について話すとき、

「これで全部バツなの~」

「何でもかんでもバツだね」と言う声が聞きます。

 

私は、部分点も入れているので、

1科目で5点分あれば、

5科目で25点分となり、

点数に開きが出てしまいます。

 

しかし、宇高・宇女・栃高・栃女以外は、

入試当日に部分点が入ります。

よって、

合格した卒業生たちが開示された点数を持ってきてくれた時に、

「今まで見たことがない点数だね!」と驚くのは、

実力がついたのと部分が入っている証拠です。

 

なので、私からお伝えしたいことは、

どの高校でも解答欄の空白は無くすこと。

ケアレスミスを無くすことです。

その1点が必ず君を救います☆

 

そこで、今日は長くなりますが、

以下に計算ミスを無くす方法を書きましたので、

お時間のある時にお読みください。

 

計算ミスはなぜ起こるのでしょう。

同じように計算しているのに計算ミスをほとんどしない生徒と、

しょっちゅう計算ミスをする生徒がいます。

計算ミスの多い生徒はそれだけで20点くらい点を落としています。

普通でも10点ぐらいの点は落としています。

 

計算ミスは計算問題で起こるとはかぎりません。

関数や図形領域でも計算ミスは起きています。

計算ミスと軽く考える人が多いのですが、

大変な点数差を起こしてしまいます。

これが入試で起これば合否を分けるくらいの差になります。

 

逆に考えると、

計算ミスを無くせれば簡単に成績を上げることができるわけです。

 

まず、計算ミスを直して、

とりあえず10点から20点成績を上げてしまいましょう。

 

計算ミスは大きく分けると次の3種類に大別できます。

①    計算の途中で、意識が散漫になり+-の符号を付け忘れたり、数字を写し間違えたりする。

②    計算の途中の式が乱雑だったり、計算式の手順がミスを引き起こしやすいものだったりして間違える。

③    計算のルールが徹底していなくてなんとなくわかっている。なぜそういう計算ルールになるのか納得できていない。

(このパターンでは、計算ルールがわかっていないのではないかと思い、計算ルールを教えると知っていると答えます。)

 

これに対する対応策は以下のとおりです。

①    計算ミスの6割から7割は計算過程での+-の符号ミスです。

これを無くすだけで計算ミスは大幅に減少します。

符号ミスを無くす一番簡単な方法は、

絶対値の足し算・引き算や掛け算・割り算をする前に必ず符号を書くようにすることです。

数式の一番前の数字で+の場合は+を省略することになっていますが、

その場合でも途中の式では+を書かせると一番前の数字の-の付け忘れが無くなると同時に、

符号に対する意識がついて、

全体に符号ミスが減ります。これをしばらく続けているとそうしなくても間違えなくなります。

もちろん答えには不必要な+はつけません。

 

②    計算が乱雑な場合は、しっかりと式を書かせることです。

この場合、必ず上から下に式を並べ、

上の式を見ながら一つひとつ下の式を書いていくようにします。

これは習慣になるまで続けないと、またすぐに乱雑な式に戻ってしまいます。

 

③    計算の手順は計算ミスを無くす上で大切なところです。

人がミスを起こすときはどんな時でも同じですが、

頭の中で二つ以上の思考が働いている時です。計算の過程で起こるミスは、

符号を考えてそれを紙に書かずに、

次の絶対値の四則計算をしている間に-を忘れてしまうという場合が最も多いのです。

符号ぐらいは覚えていると思ってしまうので符合のミスが最も多いのです。

 

四則計算の結果を書かないまま次の四則計算をするようなことをすると、

ほとんど確実に計算ミスが起こります。

人は、四則計算など別のことを考えていると、

記憶している力がほとんどなくなるのです。

 

大脳は短期記憶と長期記憶の二つの記憶回路がありますが、

短期記憶回路では数秒しか記憶を保持できません。

短期記憶から長期記憶に情報を移し変えるには、

記憶しようという意思が働く必要があります。

しかし、計算過程の一つひとつを記憶しようとすると、

えらく計算に時間がかかりますから、

計算過程ではそういう意思は働きません。で

 

すから今考えたことをすぐに忘れてしまうのです。

符号をさほど意識しなくてもミスを起こさない人は、

計算スピードが速く、短期記憶回路の記憶保持時間の中で作業がすんでいるのです。

人間の記憶力は紙にかかれた文字には絶対にかないません。

考えた結果はすぐに書いて、それから次のことを考えるとミスは起こりません。

 

以上のことから計算ミスを起こさない計算手順とは、

同時に二つの思考を働かせる必要のない手順ということになります。

 

括弧をはずすことと通分をいっぺんにやるような計算手順をとらず、

計算式が上から下に一段下がるごとにひとつずつ作業をして行くような計算手順をとることです。

また、同時に計算式がシンプルになるような手順を取ることです。

 

④    計算ルールの理解が曖昧だというのは、

純粋には計算ミスとは呼べないかもしれませんが、

意外とこれが多いのです。これが計算ミスと呼ばれるのは、

知識としては計算ルールを覚えているのにうまく使いこなせていないからです。

人は十分納得していないことについてはミスを起こしやすいのです。

 

⑤    以上いろいろと計算ミスが起こりやすい原因やその対処法について書いてきましたが、

実は符号ミスも含め計算ミスを起こしやすいところは限定されています。

その計算ミスを起こしやすいところを把握して、

そこを重点的に学習すれば計算ミスを確実に消して行くことができます。

 

計算ミスと集中力

計算ミスと集中力には密接な関係があります。

ほとんど同じといっていいくらいです。

 

集中力の無い生徒というのは、

一つのことをやっていても頭の中でふっと別のことを考えてしまう生徒です。

 

別の思考がぽっ、ぽっと泡のように意識のそこから浮かんでくるのです。

この原因は何らかのストレスです。

いつも気になることがあるのです。

それが、家庭での悩みだったり、

友達関係の悩みだったり、

時にはお菓子を食べたいという潜在的欲望だったり、

遊びに行きたいという気持ちだったりします。

 

お菓子を食べたいのに今食べられないというのも一つのストレスです。

今ここにいること、ここで勉強していることに満足していることができる生徒が、

集中力があるのです。

 

集中力とは能力のことではなく、

精神状態のことなのです。

 

その証拠に、勉強では集中できない子が漫画だったら何時間でも読み続けることができます。

 

しかし、このストレスの状態が長く続けば、

年齢とともに伸びて行くはずの集中力の持続時間が伸びなくて、

能力の差になっていきます。

 

計算ミスを起こす生徒は、

このストレスを抱えた生徒に多いのです。

 

ストレスを消してやることは集中力を高め、

成績を伸ばすための最も根本的な方法です。

 

ただし、集中力がある生徒さんでも計算ミスを起こすことがあります。

それは、特に頭のいい子に多いのですが、

計算が簡単すぎてすぐ理解してしまい、

計算の練習量が少ないために自分の計算手順が確立していない生徒さんです。

 

一人ひとりの生徒の計算手順をつぶさに見ていると、

一人ひとり計算手順は微妙に違っています。

つまり、計算手順はたくさんあるのです。

 

頭が良くて、計算ルールもしっかり理解しているのに計算ミスを起こすのは、

計算するたびに計算手順が微妙に変わってしまうためミスを起こしやすいのです。

このような生徒でも計算ミスを起こす箇所は他の生徒とさほど変わりません。

この場合は計算の種類ごとに、計算手順を一つに統一することで計算ミスが無くなります。

 

最後に最もたいせつなこと

計算ミスを起こす原因は生徒さんによって異なります。

どんな原因で計算ミスを起こしているのかを突き止めて、

その原因を取り除くように指導する必要があります。

 

また、計算ミスを犯したところをやり直させたり、

計算の仕方を書いて教えている先生がいますが、

それでは計算ミスは無くなりません。

 

なぜなら、計算の仕方を知っているのに間違うのが計算ミスなのですから、

やり直したら正解するに決まっています。

 

それで間違うのは計算ミスではなく計算ルールを知らないのです。

計算ルールを教えるときと計算ミスを無くす指導の仕方はまったく別物なのです。

ほとんどの先生がこの指導の過ちをしてしまいます。

 

計算ミスを無くすには、生徒さんが書いた計算式をチェックさせて間違っているところを見つけ出させ、

あるいは見つけてあげて、

自分がどんなところでどんなミスをする傾向があるかを自覚させることです。

そのうえで、なぜミスが起こっているのかを考え、ミ

スが起こらない計算手順を教えることです。

 

長い文章となりましたが、

ご参考にして頂ければ光栄です。

 

 

嚶鳴進学塾の英語オレコの動画CMは、

こちらです。

 ↓

オレコ英会話 最新HP

 

嚶鳴進学塾の小学部は、

日能研関東・河合塾とタッグを組ませて頂き、

『嚶鳴進学塾ガウディア』を開講いたします。

 ↓

ガウディア

 

小学生限定『図形』の対策講座を開講!

詳細は、こちらのサイトをご覧ください。

  ↓

『図形の極』

 

音量に注意して下さい。

嚶鳴進学塾の学習法を、

アメメーションで紹介しております。

どうぞ、ご覧ください。

  ↓

嚶鳴進学塾 勉強の仕方

 

嚶鳴進学塾では、

一緒に働いて下さる仲間を募集しております♪

     ↓

嚶鳴進学塾 講師募集のご案内

=======================

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

宇都宮北高校・宇都宮南高校・石橋高校・
鹿沼高校・鹿沼東高校・真岡高校・真岡女子高校
栃木高校・宇都宮短期大学附属高校・作新学院

雀宮中学校 若松原中学校 陽南中学校 陽東中学校
石橋中学校 明治中学校 南犬飼中学校 清原中学校
本郷中学校 姿川中学校 一条中学校
鹿沼東中学校 鹿沼西中学校 鹿沼北中学校
北押原中学校 北犬飼中学校 板荷中学校
粟野中学校 宇都宮東中学校 本郷中学校 南犬飼中学校
に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-061-015

*フリーダイヤルは宇都宮校の本部につながります。

宇都宮校 028-654-0119
宇都宮市南高砂町7-8

鹿沼東校 0120-061-015

*現在、

 鹿沼東校はオンライン指導のみの募集となっております。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.f-oumeishingakujuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1700

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ