ホーム>新着情報>塾長ブログ>ママたちの三本の矢
塾長ブログ

ママたちの三本の矢

宇都宮市・鹿沼市・下野市・壬生町・上三川町で、
小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

他の塾で成績が伸びなかったお子様に大評判!

「勉強しなさい!」と言わない塾

子どもが自然と勉強する子に育つ

『嚶鳴式”子”別指導』

こんにちは。
いつもブログをお読み頂き、
真に有難うございます。

塾長の柴田です。

「他の塾で成績が伸びなかった。」
「どこにいっても成績があがらない。」
「勉強しなさい」と言い続けることに
子どもと自分も疲れてきた。

お子さんの成績があがらないのは、
勉強の”仕方”を知らないから。
勉強の”楽しさ”を知らないから。
勉強の”方法”があっていなかったから。
だけかもしれません。

「嚶鳴式“子”別指導」では、

1人1人の性格・考え方・趣味等にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=======================

 

今日は特色選抜二日目で、

面接の日です。

昨日、

塾に来てくれた特色選抜を受験した生徒さんは、

来るなりガッツポーズをしておりました☆

帰る時もニコニコしながら、

帰りました☆

やはり心地よい風が吹いております☆

点数アップをしている自信が、

それを裏づけしているのかなと思います。

 

さて昨日に続き、

今年度の中学受験に関する報告を致します。

雀宮校と鹿沼東校の実績です。

 

こちらも、手が回らないと思い、

少ない人数とさせて頂きました。

受験希望者6名中、

内1名は、塾を掛け持ちしていたので、

10月から一つの塾に絞りました。

 

佐野高校付属中 1名

作新中 2名

宇短大附属中 2名

 

佐野高校附属中の方は、

中学入試では初のweb対応をさせて頂きましたが、

中高生よりも負担が多すぎ、

厳しかったのですが、

見事に合格されました☆

でも、2020年度は、

小学部のweb対応を中止とさせて頂きます。

 

佐野高校附属中を受験された方は、

佐野市の方でしたが、

許可を頂きましたので、

合格発表日に頂いたコメントをご紹介させて頂きます。

 

「勉強や受験や学校とか言うよりも、

 自分の進む道を見つけて生きる力という、

 そんなものを、子どもから初めて感じました。

 自分から受けたいと言われた日には、

 も~ビックリでした!

 柴田先生!本当に、ありがとうございました。

 私も疲れたので、今夜はたくさん飲みます(笑)」

 

前後の文は省略させて頂きましたが、

中学受験は母親の負担が多く、

よく『受験は母親が9割』とか、

『母親が8割』と言う本があります。

 

お母様も働いていたりで、

お忙しいかと思います。

そして、ご自身も、

ハッピーな氣持ちになって頂かなければ、

やはり厳しいと思います。

 

そこで今日のタイトルです。

 

怒涛の毎日を過ごしておりますが、

忙中閑有りで、

読書は欠かしておりません。

忙しい時こそ、

自分の一番好きなジャンルの歴史を読みます。

三本の矢で有名な毛利元就の

家族関係の本を読みました。

 

元就は筆まめで、

たくさんの書状を残しております。

 

その中で『妙玖(みょうきゅう)』と言う

正室の法号がたくさん出てきます。

 

「こんな時に妙玖がいてくれたらな」と、

ぼやきが書いてあります。

 

妙玖は47歳で、

元就より先に亡くなっております。

 

三男三女を授かっており、

三本の矢で有名な三人の息子たちは、

全て妙玖の子どもたちです。

 

元就は妙玖が亡くなるまで、

側室を持っておりません。

この事から夫婦仲の良さが分かります。

 

元就と妙玖の間に産まれたのが、

長男が毛利隆元(たかもと)

次男が吉川元春

三男が小早川隆景(たかかげ)

です。

 

残念ながら長男の隆元は、

元就より先に早世してしまいます。

 

残る吉川元春と小早川隆景の

『川』の文字をとって

『毛利両川(りょうせん)体制』をとり、

長男の隆元の子である

毛利輝元を支えていきます。

 

しかし、

それまでには仲が良さそうな

三人の兄弟にも確執があり、

長男を次男と三男が

小馬鹿にする空気があったそうです。

 

そこで元就が出したのが、

後の世に『三本の矢』の逸話の元になった

『三子教訓条状』です。

 

だからこそ、

子ども達をまとめるために、

「こんな時に妙玖がいてくれたな」と、

あの戦国の世を生き抜いた元就でさえ、

母親の力を頼りにしたのです。

 

歴史の話しを書くと止まらなくなるので(笑)

この辺りにしますが、

毛利元就の家族を覗いても、

母親がどうあるべきかが大切な事が分かります。

 

でも、お母様たちも上記したように、

お仕事をされたり、

塾の送迎をして頂いたり、

本当に頑張っております。

なのに、、、

「受験は母親が9割と言われても、

 どうすればいいの!!?」となるはずです。

 

そこで『ママたちの三本の矢』を送ります☆

 

今日は長いです。

もう少しお付き合いくださいね。

 

塾との関係です。

 

私が書くな!と言われそうですが、

私だからこそ書けるので、

書いてしまいます(笑)

 

ズバリ!

塾の先生に褒められたことありますか?

 

「お子さん頑張ってますね」

これは普通。

 

「お母さん、熱心に頑張ってますね」

これも普通。

 

しかし、

これでは全然足りない。

何故かと言うと、

これでは先生が3人の関係性を築くのではなく、

業務として、報告してくる関係だからです。

 

先生が、

この子とお母さんなら良い関係で、

受験や学習を進められる。

と思われる関係になる。

 

そうなれば受験や学習が、

どう変わると思いますか?

 

まず、

子供が安心して、勉強できる。
 

夢や目標を実現できるものと感じられる。
先生から認められる自信は、

当然やる氣になります。

 

苦手な単元になった時も、

先生からのフォローが受けやすい。


落ち込んだ時のメンタルのサポートとなる。


当然成績も上がってきます。

 

何より、お母様が安心できます。
時に、

お母様のメンタルのサポーターにもなってもらえます。


勉強しない!ってイライラしなくて良い!

 

良いことばかり書きましたが、

ここで三本の矢の話しになります。

 

お母様と、お子さん2人だけでは

受験や、

反抗期という体と心のバランスの崩れなどで、

折れてしまうことが多いのです。

 

誰かが崩れかかっても、

支える人がいることが大切。

受験ではプロの矢が入ると強い!

 

当然4本、5本と多いほうが強いに決めっています。

お父さんや家族、友達

みんな協力者になってもらえると良いですね。

 

1度、この関係を作れたら、

ずっとお子さんにプラスに働くのです。

 

想像してみてください。

受験の期間、毎日のように

お子さんに声をかけてもらっていたら。

 

そうすれば、

お母さんがやる気スイッチを

ポチポチ押さなくていいのです

 

楽になれそうですよね。

 

楽になれます!!!

 

ここからが、

「お前が書くな!」と言う部分ですが、

嚶鳴進学塾だけではなく、

全国の方がお読みになっているので、

勇気を振り絞って書きます!

 

一つ基本として、

「習うなら相手を尊敬すること。」

 

尊敬と言う言葉が重いようでしたら、

『好き』に変えてみて読んでください。

 

お母さんが尊敬しない人を、

お子さんも尊敬できないからです!

 

お子さんに尊敬してもらいたいと思ったら

先ずお母さんが尊敬の態度を見せること。

 

先生も人間。

尊敬の念を持っている子や、

お母さんには丁寧に対応くださいます。

 

習い事でもどの世界でもお父さんにも、

そして子どもにも、自分自身にも・・・

 

尊敬や好きと言う言葉が重ければ、

尊重する!です。

これは個性を認めることと同じなのです。

 

中学受験にせよ、

高校受験にせよ、

大学受験にせよ、

家族と本人、塾の三本の矢が、

必要だと思います。

 

これを折らずに、、、

 

そんな関係を意識してみてくださいね。

 

私も、

今でも色々な方に教えて頂いているので、

教えて頂く立場で書きました。

また、逆の立場になれば、

保護者様に、そう思って頂けるように、

励まなければなりません。

だからこそ、お互いが支え合える

三本の矢が必要なのですね☆

 

リスクや問題は分散する!

これが基本です。

 

皆さんには、

何本の矢がありますか?

 

長々と、お読み頂き有り難うございました。

 

嚶鳴進学塾の英語オレコの動画CMは、

こちらです。

 ↓

オレコ

 

嚶鳴進学塾の小学部は、

日能研・河合塾とタッグを組ませて頂き、

『嚶鳴進学塾ガウディア』を開講いたします。

 ↓

ガウディア

 

小学生限定『図形』の対策講座を開講!

詳細は、こちらのサイトをご覧ください。

  ↓

『図形の極』

 

嚶鳴進学塾の動画CMです。

   ↓

嚶鳴進学塾のCM

    

嚶鳴進学塾の学習法を、

アメメーションで紹介しております。

どうぞ、ご覧ください。

音量に注意して下さい

  ↓

嚶鳴進学塾 勉強の仕方

 

嚶鳴進学塾では、

2020年度に向けて、

一緒に働いて下さる仲間を募集しております♪

     ↓

嚶鳴進学塾 講師募集のご案内

=======================

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

宇都宮北高校・宇都宮南高校・石橋高校・
鹿沼高校・鹿沼東高校・真岡高校・真岡女子高校
栃木高校・宇都宮短期大学附属高校・作新学院

雀宮中学校 若松原中学校 陽南中学校 陽東中学校
石橋中学校 明治中学校 南犬飼中学校 清原中学校
本郷中学校 姿川中学校 一条中学校
鹿沼東中学校 鹿沼西中学校 鹿沼北中学校
北押原中学校 北犬飼中学校 板荷中学校
粟野中学校 宇都宮東中学校 本郷中学校 南犬飼中学校
真岡東中学校 山前中学校 大内中学校
真岡西中学校に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-061-015

*フリーダイヤルは宇都宮校の本部につながります。

宇都宮校 028-654-0119
宇都宮市南高砂町7-8

鹿沼東校 0289-62-6867
鹿沼市西茂呂3-17-15ヒルズ101


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.f-oumeishingakujuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1404

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ