ホーム>新着情報>塾長ブログ>思考の種~嚶鳴進学塾の心~
塾長ブログ

思考の種~嚶鳴進学塾の心~

宇都宮市・鹿沼市・下野市・壬生町・上三川町で、
小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

他の塾で成績が伸びなかったお子様に大評判!

「勉強しなさい!」と言わない塾

子どもが自然と勉強する子に育つ

『嚶鳴式”子”別指導』

こんにちは。
いつもブログをお読み頂き、
真に有難うございます。


塾長の柴田です。

「他の塾で成績が伸びなかった。」
「どこにいっても成績があがらない。」
「勉強しなさい」と言い続けることに
子どもと自分も疲れてきた。

お子さんの成績があがらないのは、
勉強の”仕方”を知らないから。
勉強の”楽しさ”を知らないから。
勉強の”方法”があっていなかったから。
だけかもしれません。

「嚶鳴式“子”別指導」では、

1人1人の性格・考え方・趣味等にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!
 

=======================

 

2019年6月23日(日)

嚶鳴進学塾 保護者会&特別講演会開催!

時間:13:00~16:00(予定)

場所:栃木県青年会館コンセール 

    (宇都宮市駒生町)

講演:『合格されるための心構えと

    子どもを動かす特別な方法』(仮題)

ゲスト:佐藤亮子氏(佐藤ママ)

*嚶鳴進学塾に通われていない方で、

 特別講演会へのご参加をご希望の方は、

 5月20日(月)より受付を開始させて頂きます。

 参加は、なんと!無料です。

 

--------------------------

 

昨日は宿題について、

書かせて頂きました。

 

今日は、

「では嚶鳴進学塾ってどうなのよ!?」と、

思われている方に、

特別に嚶鳴進学塾の『心』に部分を、

公開いたします。

 

嚶鳴進学塾の訓示と言うか、

塾長訓話と言うか、

入社をした時にお渡しする物です。

 

『思考の種』と申します。

 

これに従って、

運営や教務を確立し、

形にするために行動しております。

 

長くなりますが、

お子さまに接する時のヒントになればと思い、

掲載をさせて頂きますね。

    ↓

『思考の種』

 

・資質は今よりも向上する。これを前提としない研修はない。

 

・学力は今よりも向上する。これを前提としない授業はない。

 

・子供を教えようとする意欲と熱意を持った人材がほしい。

 

・「分かる・できる楽しさを教えたい」ならば、

 まず、わかる・できるようにしなければならない。

 

・できない子に「できない」と言うだけでは意味がない。

 「できるようになる」という希望を与えなければ努力などするはずがない。

 

・「困った子」は、大抵「困っている子」だ。

 これを助けないで良い教育は存在しない。

 

・教育は教師のためにあるものではない。子供のためにある。

 教師が何をしたいか、ではなく、子供に何が必要か、が常に出発点だ。

 

・教師の仕事は「授業をすること」ではない。

 「授業をしている」だけでは、充分に役割を果たしているとは言えない。

 

・「指導」とは、「指して導く」ものだ。

 方向と到達点をしっかりと指し示し、そこまで導いていくことだ。

 

・男であれ女であれ、母性と父性をバランス良く保て。

 母性は「できるだけ良い環境で元気に育ってほしい」と考え、

 父性は「どんな環境であっても元気に育ってほしい」と考える。

 

・どんなことであれ、「できる」と嬉しいし、「できない」と嬉しくない。

 だから、どんな子供でも「できる」事を望んでいる。

 これを教師は忘れてはいけない。

 

・教育環境は「最高」ではなく「最適」でなければならない。

 

・「実践なき理論」より「理論なき実践」が勝る。「論理」は「実践」のためにある。

 

・「怒る」と「叱る」は違う。感情的攻撃は教育ではない。

「怒る」は愛情ある感情の発現であり、

「叱る」は配慮ある冷静な指導でなければならない。

 

・「授業」の「ジュ」は「受」ではなく「授」だ。

 

・「分析や評価」は「では、どうするか」という発想につながって初めて意味を持つ。

 

・家庭学習をしない子は、「する習慣」がないのではなく、

 「しない習慣」がついているのだ。

 習慣を変えるためには意志の力と時間が必要だ。

 

・子供は大切なことの多くを「言葉」で理解するよりも「感じて」理解する。

 

・「プラス」を与えようとする物は、「プラス」の存在でなければならない。

 

・他者に「与える」者は、自己に「余裕」が必要だ。

 

・教師にとって生徒は一人ではないとしても、生徒にとって教師は一人だ。

 

・教育にとって重要なのは「今がどうあるか」よりも、

 「これからどうなっていくか」だ。

 

・宿題は一人でする。だから一人でできる内容でなければいけない。

 

・「質」と「量」は適切か、を常に考える。

 

・状況を好転させようとする物は、決して諦めてはいけない。

 諦めた者には状況を好転させる力はない。

 

・人間関係は相互依存的で影響し合う。状況は鏡だ。

 

・教師に必要なのは、教科の学力や知識よりも教師としての「意識水準」の高さだ。

 

・「意識」とは見聞した事柄をどうとらえてどう考えるか、ということだ。

 つまり知識、価値観、感性、興味、関心の問題である。

 

・知識、価値観、感性、興味、関心は、他者のそれと触れ合うことで磨かれる。

 他者の実践をよく聞き、自分の実践をよく話すことが大切だ。

 

・「創造」とは既にあるモノの模倣ではなく、創り出すことだ。

 それには現状を打破する力が必要だ。

 

・「落ちこぼれ」などほとんどいない。多くは教師の「落ちこぼし」だ。

 

・Aにとって効果的な指導法は、必ずしもBにも有効ではない。

 効果的指導法は生徒一人ひとり異なる。

 教師が生徒に多様に対応する必要がる。

 

・教師によって指導が異なるのではない。生徒によって指導が異なる。

 

・成功体験と積極評価が意欲を導く。失敗体験と消極評価はやる気が萎える。

 

・「やる気」は、「ある」ものでも「ない」ものでもない。

 出たり失せたりするものだ。

 

☆時間講師であろうがバイトであろうが、あなたは確かに「教育の実践者」だ。

 

 

--------------------------

 

『受験マインド 夏合宿』は、

宿泊所の予定により、

8月20日(火)・21日(水)・22日(木)に行います。

中3生にとっては、

下野模試8月号直前の仕上げとなります。

詳細はホームページにてお伝え致します。

小学生も参加可能です。

 

リスニングと長文対策は、

嚶鳴進学塾の下記の講座をご利用ください。

大学入試・高校入試で、

英語の得点を伸ばしたい方は、

こちらをご覧ください。

 ↓

『速読英語』無料体験

 

=======================


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

宇都宮北高校・宇都宮南高校・石橋高校・
鹿沼高校・鹿沼東高校・真岡高校・真岡女子高校
栃木高校・宇都宮短期大学附属高校・作新学院

雀宮中学校 若松原中学校 陽南中学校 陽東中学校
石橋中学校 明治中学校 南犬飼中学校 清原中学校
本郷中学校 姿川中学校 一条中学校
鹿沼東中学校 鹿沼西中学校 鹿沼北中学校
北押原中学校 北犬飼中学校 板荷中学校
粟野中学校 宇都宮東中学校 本郷中学校 南犬飼中学校
真岡東中学校 山前中学校 大内中学校
真岡西中学校に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-061-015

*フリーダイヤルは宇都宮校の本部につながります。

宇都宮校 028-654-0119
宇都宮市南高砂町7-8

鹿沼東校 0289-62-6867
鹿沼市西茂呂3-17-15ヒルズ101

宇都宮北校 028-612-6859
宇都宮市岩曽町1354-3 サン・スマ・エステージⅠ 102
 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.f-oumeishingakujuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1119

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ