ホーム>新着情報>塾長ブログ>大阪あれこれ①
塾長ブログ

大阪あれこれ①

宇都宮市・鹿沼市・下野市・壬生町・上三川町で、
小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

他の塾で成績が伸びなかったお子様に大評判!

「勉強しなさい!」と言わない塾

子どもが自然と勉強する子に育つ

『嚶鳴式”子”別指導』

こんにちは。
いつもブログをお読み頂き、
真に有難うございます。
塾長の柴田です。

「他の塾で成績が伸びなかった。」
「どこにいっても成績があがらない。」
「勉強しなさい」と言い続けることに
子どもと自分も疲れてきた。

お子さんの成績があがらないのは、
勉強の”仕方”を知らないから。
勉強の”楽しさ”を知らないから。
勉強の”方法”があっていなかったから。
だけかもしれません。

「嚶鳴式“子”別指導」では、

1人1人の性格・考え方・趣味等にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=======================

 

先週の土曜日は、

19時20分からの授業を

スタッフ様に任せて、

最終の『のぞみ』で大阪に向かいました。

今は任せられる頼もしいスタッフ様がおり、

私が成長できるので、

それを現場に還元できるようになり、

更に地域に根差した取り組みができるようになり、

全てにおいて好循環になっております。

 

実は、任せることは非常に大切なことであります。

 

とくに学生講師にとっては、

ドキドキするでしょうが、

それは、その講師さんの成長に繋がるのです。

 

普通に教えるだけのバイトでは、

講師の目的が希薄になってしまいます。

 

教育学部の学生のバイトが多いわけですが、

彼らにも「なぜ?」を問わなければなりません。

 

今、私が勝手に不幸だなと思っていることは、

先生を目指している学生にとって、

訓練や成長の場であった塾が、

その意義が薄くなっているからです。

 

一斉指導の塾が少なくなり、

彼らが大勢の生徒さんの前で、

授業をしたり、思いを語る場が少ないのです。

 

そんなものは必要ない!と思うかもしれませんが、

もはや授業に価値がなくなってくる時代です。

 

またアクティブラーニングが始まり、

頭でっかちの先生では、

対応が不可能になります。

 

私は大学院生の時から、

塾や予備校でアルバイトを始めたのですが、

全て一斉授業でしたので、

パブリックスピーチが上手くなりましたね。

 

授業に価値がなくなると言いましたが、

こちらも先々週ですかね。

小学生に学校の進度を聞いた時のことです。

私は学校内容は予習型にしているのですが、

学校でも新しい単元に入ったそうで、

生徒さんが音読をしたと言ったので、

「一人ひとり読むの?」聞くと。。。

 

「違うよ。パソコンで聞くんだ。」との答え。

「そっか!先生の時代はCDとかだったからね。

 で!その後、みんなで読むの?」と更に尋ねると。。。

 

「それで授業は終り」……

 

はぁぁ~~~????

 

音読もさせないのかぁ?

 

だから低学年のうちは、

ご家庭で読み聞かせをして下さいになるのです。

 

なので嚶鳴進学塾で働いている講師さんには、

授業でけではなく、

色々な経験を積ませたいと思っております。

 

これらを踏まえて

『大阪あれこれ』シリーズが始まりますが、

今日の最後に、

勉強会の講師である超大物である

中土井先生からの

「なぜ?勉強をするのか?」の

一つの答えを伝えます。

「中3における高校入試とは、

 江戸時代までの元服である。」

江戸時代までは、

男女ともに15歳から成人扱いでした。

 

私も以前のブログで、

童謡『赤とんぼ』を書き、

その中で

「十五で姉えやは嫁に行き」とあり、

もう15歳は成人なのだと書きました。

 

中土井先生に話しを戻しますと、

「だから高校受験は、

 大人になるための通過儀礼なのだ」と、

言っておられました。

 

「子ども時代を殺して、

 大人に再生をする!」と。

 

なぜ?数学を学ぶのか?

正直、社会人になって教科で必要なものは、

殆どの生徒さんにはない。

 

しかし!

大人にやると

「やりたくなくても、

 やらなければならない仕事がある」

 

確かに仕事にはノルマも期日もあります。

ダラダラとテスト前に勉強をしていて、

結果が散々であっても許されるのは、

子どもたちだけです。

医療関係で人名を扱う仕事もございますね。

 

学生時代に勉強で努力した子どもが、

ある程度の企業に就職できるのは、

子どもの時の通過儀礼を

越えたからなのだと思います。

 

「テスト前までにワークを終わらせる」

「宿題をやってくる」

「靴は揃える」

「人の話しは聞く」等々。

 

社会人になってから、

当然の事ですよね。

 

教科内容よりも、

このような嚶鳴進学塾が大切にしていることが、

顕著にテスト結果に表れます。

すぐに結果が出なくても、

必ずどこかで芽が出ます。

 

大手塾だから、個別指導だから、

成績が上がるのではないのです。

 

学ぶ意味を伝える塾が、

学ぶ動機をいつも問う塾が、

成績は上げるのです。

 

2020年に向けて、

そして嚶鳴進学塾の在り方について、

とても大切な事ですので、

まだまだ続きます。

 

=======================

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【嚶鳴進学塾 オリジナル学校サイト】

鹿沼東中
鹿沼東中学校サイト

雀宮中
雀宮中学校サイト

若松原中
若松原中学校サイト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

LINE@を始めました!
ブログや学習法や下野模試などの栃木県の地域密着情報を
お伝えいたします。

友だち追加



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

宇都宮北高校・宇都宮南高校・石橋高校・
鹿沼高校・鹿沼東高校・真岡高校・真岡女子高校
栃木高校・宇都宮短期大学附属高校・作新学院

雀宮中学校 若松原中学校 陽南中学校 陽東中学校
石橋中学校 明治中学校 南犬飼中学校 清原中学校
姿川中学校 一条中学校
鹿沼東中学校 鹿沼西中学校 鹿沼北中学校
北押原中学校 北犬飼中学校 板荷中学校
粟野中学校 宇都宮東中学校 本郷中学校 南犬飼中学校
真岡東中学校 山前中学校 大内中学校
真岡西中学校に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-061-015

*フリーダイヤルは宇都宮校の本部につながります。

宇都宮校 028-654-0119
宇都宮市南高砂町7-8

鹿沼東校 0289-62-6867
鹿沼市西茂呂3-17-15ヒルズ101

宇都宮北校 028-612-6859
宇都宮市岩曽町1354-3 サン・スマ・エステージⅠ 102

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.f-oumeishingakujuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/916

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ