ホーム>新着情報>塾長ブログ>南北を流れる大河④
塾長ブログ

南北を流れる大河④

宇都宮市・鹿沼市・下野市・壬生町・上三川町で、
小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

他の塾で成績が伸びなかったお子様に大評判!

「勉強しなさい!」と言わない塾

子どもが自然と勉強する子に育つ

『嚶鳴式”子”別指導』

こんにちは。
いつもブログをお読み頂き、
真に有難うございます。
塾長の柴田です。

「他の塾で成績が伸びなかった。」
「どこにいっても成績があがらない。」
「勉強しなさい」と言い続けることに
子どもと自分も疲れてきた。

お子さんの成績があがらないのは、
勉強の”仕方”を知らないから。
勉強の”楽しさ”を知らないから。
勉強の”方法”があっていなかったから。
だけかもしれません。

「嚶鳴式“子”別指導」では、

1人1人の性格・考え方・趣味等にあった
アプローチで子供たちが劇的に変化しています!

=======================

 

約2ヶ月にわたる市ヶ谷での学びが、

18日(木)に終わりました。

子育て中のお母様たちの視点で、

色々なことを学びました。

しかし、

学んで終わりではおりません。

これを活かすことが今後の課題です。

2019年に向けて、動き出しております。

 

また昨日は、岩曽校の先生と

予定を2時間もオーバーして、

4時間も打ち合わせを致しました。

入試に向けてまっしぐらです。

 

さて、このシーリズも今日で最後に致します。

でも、これは永遠の課題ですね。

 

先日も書店に行き、

教育関係のコーナに行くと、

明らかに数年前とは異なるタイトルが増えております。

 

数年前では、予備校の先生と有名塾の先生による

「数学の攻略法」や「英語はこう解け」のような

HOW TO本が主流でした。

これらの本を今でも売られておりますが、

今や大半は「家庭」がテーマです。

 

「家庭で育てる天才児」や

「中学受験は親が8割」など、

家庭での教育をテーマにした本がたくさんおります。

 

とは言ってもお母様は、

とてもお忙しいのです。

 

子どもの事は心配だけれど、

あれもこれも出来ませんね。

 

「だから塾に行かせてるのに!」と

なりますよね。

 

なので、

言葉掛け一つ変えてみてはいかがでしょうか?

 

怒る前に、聞いたり考えさせるのです。

 

中学生になり、『論理』という大河に阻まれ、

偏差値55から60に越えられない。

 

では無理なのか?

 

そうでしたら、

皆さんは塾に行かせていないと思います。

 

では、どうすれば良いのか?

 

それは先程、述べました。

 

聞いたり考えさせたりすることです。

 

私が教えすぎないと言うのは、

この点を申し上げているのです。

 

お母様たちは

「せっかく塾に通っているのだから教えて!」と

なると思います。

もちろん教えます。

 

しかし、なぜ家庭教師や個別指導で、

隣りに先生がいて懇切丁寧に教えてもらっていても、

成績が上がらなく、

違う塾に変えるのでしょうか?

 

授業前に

「今日は英語から始めてね!」と言っても、

数学をやり始める生徒さんがおります。

 

さらに

「忘れ物がないか机の中を見てね」と言っても、

ペットボトルを忘れて帰る生徒さんがおります。

最近は、机の中を探るゼスチャーを取り入れています。

そうすると、同じ行動をしてくれるのです。

 

これほど、聞いていないのです。

 

それはなぜか?

授業を聞いておらず、

理解していないからであり、

先生自身の体験で問題を解いているからであり、

本人の能力ではないのです。

 

なので、聞いたり考えさせたりすることが、

論理を鍛えることになるのです。

 

素直な子ほど、

「わかりました!」

「はい!大丈夫です!」と言いながら、

結果は逆になっているのです。

 

生徒たちから、

「そっか!」

「なるほど!」

「あっ!」などの言葉が出なければならないのです☆

 

この時期から逆転合格させるには、

聞いたり考えさせたりして、

脳をフル回転させることです。

 

授業を聞きっ放し。

教えてもらいっ放し。では無理です。

 

嚶鳴進学塾では、

生徒さんに

「黒潮と親潮の違いを言って」となど、

こんな質問でも考えさせる事を大切にしております。

 

そうしていると基礎基本の知識が、

曖昧であった流れが、

一つの道筋であり論理となり、

いつの間にか記述問題が上手に書けているという

状態になります。

 

記述問題に関しては、

面倒臭がらず模範解答を写して下さいね。

綺麗な日本語が学べますよ。

 

だから家庭教育の一つとして、

「勉強しなさい!」ではなく、

「何時になったら勉強するの?」と

子どもたちに考えさせるように問いかけにしてください。

 

ご家庭で考えさせる子を育てるのです。

時には感情的になっても良いと思います。

 

偏差値55から60に横たわる大河は、

一度、解いた問題の類題を三日後行い、

記憶にフックさせながら、

質問と発問で論理力を強化すれば、

越えられます!

 

先生が声を枯らして授業をしたり、

先生が悩んで問題を解いているうちは、

お子さまの学力は伸びません!

 

いかに考え行動されるかです!

あと4ヶ月!

まだまだ大丈夫です!!

 

=======================

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【嚶鳴進学塾 オリジナル学校サイト】

鹿沼東中
鹿沼東中学校サイト

雀宮中
雀宮中学校サイト

若松原中
若松原中学校サイト


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

LINE@を始めました!
ブログや学習法や下野模試などの栃木県の地域密着情報を
お伝えいたします。

友だち追加



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

宇都宮北高校・宇都宮南高校・石橋高校・
鹿沼高校・鹿沼東高校・真岡高校・真岡女子高校
栃木高校・宇都宮短期大学附属高校・作新学院

雀宮中学校 若松原中学校 陽南中学校 陽東中学校
石橋中学校 明治中学校 南犬飼中学校 清原中学校
姿川中学校 一条中学校
鹿沼東中学校 鹿沼西中学校 鹿沼北中学校
北押原中学校 北犬飼中学校 板荷中学校
粟野中学校 宇都宮東中学校 本郷中学校 南犬飼中学校
真岡東中学校 山前中学校 大内中学校
真岡西中学校に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-061-015

*フリーダイヤルは宇都宮校の本部につながります。

宇都宮校 028-654-0119
宇都宮市南高砂町7-8

鹿沼東校 0289-62-6867
鹿沼市西茂呂3-17-15ヒルズ101

宇都宮北校 028-612-6859
宇都宮市岩曽町1354-3 サン・スマ・エステージⅠ 102

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.f-oumeishingakujuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/915

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ