ホーム>新着情報>塾長ブログ>舞台は準備してあります。自分の物語を創って下さい。
塾長ブログ

舞台は準備してあります。自分の物語を創って下さい。

宇都宮市・鹿沼市・真岡市・益子町・下野市で、
小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ


「1人ひとりの学習状況に合わせて指導する
 お子さま別の“子”別指導 嚶鳴進学塾」


いつもブログをお読み頂き、
真に有り難うございます。

こんにちは。
子どもたちをインスパイアさせ
未来の可能性を広げる
塾長の柴田です。
*インスパイアとは、『元気づける』『明るくさせる』など、
 人をポジティブな状態に導く意味です。


…………………………………………………………………………

この4月は、本当に神経をすり減らす毎日です。
特に他塾から嚶鳴進学塾に転塾をして下さった生徒さんに対してです。

嚶鳴進学塾のスタイルに馴染む時間もそうですが、
私の本音はそこにはありません。

私の本音は…
生徒たちをこれ以上傷つけたくない!です。

これはどう言う事かと言うと、
転塾の回数が1度ならば良いのですが、
2度・3度ある生徒は少なからず傷を負っていると思います。

その傷とは例えば、
最初は一斉指導の塾、次に個別指導と塾を変えますが、
全て成績が向上しなかった場合、
その生徒の気持ちの中には
「どうせ自分はやってもできない。」
「やっても意味がない。」
などと言うマイナスの感情が生まれてしまう傷です。

色々なスタイルの学習法で成果が出ないのですから、
諦めも入ると思います。

そして、もう1つは保護者様も関係するのですが、
「あの塾がダメだった!」と批判をすることです。
辞めてきた生徒も同様に言います。
2度・3度塾を変えて、塾が悪いと言うのは、
自己反省も何もないただの悪口です。

あなたの何が変わったのですか?

私は転塾して下さった生徒にとって、
嚶鳴進学塾を最後の塾にしてもらいたいのです。
それは、嚶鳴進学塾に残ってもらいたいと言う安っぽい気持ちではなく、
これ以上、傷ついてもらいたくないのです。

自分はやっても出来ないと思い、
他人の悪口は言う、
こんなマイナスな事を繰り返してもらいたくないのです。

「やれば自分にもできた!」
「先生、ありがとう!」
こんな言葉をお子様が言うようになれば、
本当に人生が豊かになります。

私は、この事に神経を使っています。

私は生徒たちに言います。
「塾での監督は先生たちですが、主役は君たちだよ!」と。

私たちはお子様が自信をつけて、明るく、元気に成果を出せる
舞台(塾)を準備しております。
その舞台で、お子様たち自身で主演男優賞・主演女優賞を取ってもらいたいと思います。

あなた自身の物語は、
自分自身で創るものです。

転塾をして下さった皆様、
本当にありがとうござます。

「成績を上げたいんだ!」
「変わりたいんだ!」
と言う気持ちで転塾をした気持ちを忘れないで下さいね。

全力で応援します!



…………………………………………………………………………

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

雀宮中学校 若松原中学校 陽南中学校
石橋中学校 明治中学校
鹿沼東中学校 鹿沼西中学校 鹿沼北中学校
北押原中学校 北犬飼中学校 板荷中学校
粟野中学校
真岡東中学校 山前中学校 大内中学校
真岡西中学校に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。


フリーダイヤル 0120-061-015

*フリーダイヤルは宇都宮校の本部につながります。

宇都宮校 028-654-0119
宇都宮市雀の宮5-6-33メゾン小林2F

鹿沼東校 0289-62-6867
鹿沼市西茂呂3-17-15ヒルズ101

真岡東校 0285-80-2019
真岡市荒町3-46-1


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.f-oumeishingakujuku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61

お気軽にお問い合わせください
ページの先頭へ